新潟市北区 卸売・小売

株式会社 大橋商会

廃棄物事業を通じ、次世代へのより良い自然環境の継承を目指す

外観イメージ
産業廃棄物の総合処理が可能です
産業廃棄物の発生先では多くの種類の廃棄物が発生します。種類が多いので、品質も異なり、処理する方法が異なります。すると処分を依頼する会社で処理できる物、できない物が発生し、できない物があれば別の会社を探さねばならず不便です。当社は自社も含め、独自のネットワークにより、あらゆる種類の産業廃棄物の処理が可能です。
木くずの再資源化を得意とし リサイクルしています
工場には様々な廃棄物が入荷しますが、その中でも木材(木くず といいます)の処理は、独自の専用処理ラインを持ち、当社が最も処理を得意とする廃棄物です。
スクラップも扱っています
講師を招いて勉強会。スイッチオンの掛け声で気分転換!
永年勤続表彰
夏開催のファミリーパーティ

TOP MESSAGE

代表からのメッセージ
代表画像
代表取締役 大橋 崇
活気ある暮らしやすい
未来の環境を目指して
私達が暮らしている地域の自然環境は、皆さんのご両親も含めた諸先輩方が一生懸命環境に配慮した活動を行ってきたことにより維持してきました。次は大人の仲間入りする皆さんの出番です。当社は産業廃棄物が発生する企業の皆様へ、リサイクルに向けたご提案と、お預かりした産業廃棄物を選別・破砕・圧縮等の加工を行い、資源として循環させる活動に取り組んでいます。皆さんご存じのように、今後は私達の地域を含め、世界中が環境問題に急いで、真剣に取り組まなければなりません。「自然環境を次世代へ」繋げる大切な目標に向け、一緒に働きましょう。

SENPAI’s VOICE 先輩の声

先輩画像
資源リサイクル事業部 東港工場 勤続1年。
柴田 佑貴
敬和学園高等学校。新潟県農業大学校卒業。
中学までサッカーをしていました。今はゲームのサッカーに夢中です。

安全第一のもと、皆と一体となって産業廃棄物処理に集中します 

東港工場へは1日延べ100台以上の産業廃棄物を積んだトラックが入荷します。産業廃棄物の種類は多岐に渡り、種類によりそれぞれの処理方法は異なります。どの種類の産業廃棄物なのかを目で見て、触って判断します。種類がわかったら、職場の仲間と緊密に連絡を取りながら、慎重にフォークリフトを運転して処理工程へ産業廃棄物を移動します。工場内はトラック、重機等の往来が激しく非常に危険です。構内の作業ルールを厳守しながら、職場の仲間と目を合わせ、合図し、掛け声をかけ、安全第一で日々業務に取り組んでいます。
一声画像
しっかり確認しながら作業をします

RECRUITER’s VOICE / 採用担当の声

こんな人を求めています
  • ルールを守る人
  • 結果を恐れず、まずやってみる人

COMPANY PLOFILE

企業紹介
企業名 株式会社 大橋商会
所在地 〒950-3102 新潟県新潟市北区島見町3399-37
電話 025-257-4580
設立 1974年
従業員数 正社員91人 パート37人
事業内容 産業廃棄物の収集運搬業・処分業、鉄非鉄の卸販売
営業所 東港工場・東港メタルセンター・セレクトセンター・津島屋工場
東京オフィス 〒108-0074 東京都港区高輪4-24-51 ナミックス品川ビル5F